古着屋さんで良く目にするSEARS(シーアズ)とは?

この記事は約1分14秒で読めます

古着屋さんなどでよく見かけるSEARS(シアーズ)のタグがついた古着。なんなのか良くわからないブランドの割に安いわけではないので、不思議に思う方もいるかもしれません。

今回はそんなSEARS(シアーズ)についてまとめてみました。

SEARS(シアーズ)って?

アメリカ3大ストアブランドの1つで、正式名称はシアーズ・ローバック。「SEARS(シアーズ)」、「HERCULES(ヘラクレス、ハーキュレス)」、「PILGRIM(ピルグリム)」、「ROEBUCK(ローバック)」の4つの系列ブランドがあります。

ストアプランドは大手スーパーや百貨店が展開する独自ブランドの事。

イメージとしてはセブンイレブンなどのコンビニ各社が独自展開しているPB(プライベートブランド)の様な物。

SEARS(シアーズは)コンビニの様に商品・衣料の様な手軽に買える様な物だけではなく、家具、時計や銃火器や馬車、食器なども製造していました。

なんで高いの?

アメリカから買い付ける為にかかった費用などもあり日本では高いですが、それでも売れるんです。

理由はデザイン・シルエット・品質、全てが素晴らしいからです!特に70~80年代のsears(シアーズ)の古着は現代においても普通にかっこよく着こなせるデザインとシルエットです。

PIPELINEにSEARS ROEBUCK(シアーズ・ローバック)の カタログありますよ

PIPELINEでは1902年に作られた SEARS ROEBUCK(シアーズ・ローバック)の 復刻版として1968年に発行されたカタログがあります。

SEARS ROEBUCK(シアーズ・ローバック)の カタログ

当時の服や家具、時計や銃火器や馬車、食器や絨毯などが掲載されており、 ビンテージの資料としては勿論、歴史的にも価値の高い逸品かと。

SEARS ROEBUCK(シアーズ・ローバック)の カタログ

 

デニムやシャツ、ブーツなどメージャーな物以外にもスーツケースなど珍しい物もSEARS ROEBUCK(シアーズ・ローバック)の カタログ

店頭に置いているので是非、読みに来て下さい^^

 

 

関連記事