【代官山】TRUCK FURNITURE EXHIBITION TOKYOに行ってきた【家具】

この記事は約1分57秒で読めます

本日(2015/03/06)にTRUCK FURNITURE EXHIBITION TOKYOへ行ってきました。一緒に行ったメンバーは初対面のnorth6さんご夫婦と大畠さん!

結論から言うと行ってよかった!!!

TRUCK について

TRUCKは1997年、黄瀬徳彦と唐津裕美がはじめた家具屋です。
流行に流されず、自分たちが欲しいと思う家具。
木、革、鉄など、それぞれの素材感を大切に、
奇をてらわず、長く使える家具を作っています。
手に触れたり、日に焼けたり、その人の使い方によって、
家具も一緒に年をとり、いい味がでる。
そんな道具として長く使える家具を作っています。
商品は試作を重ね、さらに実際の生活のなかで使ってみて
納得がいくものを形にしていきます。
家具だけでなく、そこにある空気感も大切にしたいから、
卸はせず、大阪市旭区のTRUCKのみで販売しています。

TRUCKのサイトを貼っておきます。

http://www.truck-furniture.co.jp/

サイトからして良い雰囲気出てます。

TRUCK FURNITURE EXHIBITION TOKYOの詳細

会場

GARDEN GALLERY

場所

東京都渋谷区猿楽町16-15 代官山T-SITE GARDEN GALLERY

開催日時

2015年2月28日から3月8日 9:30から21:30まで ※3月6日(日)のみ9:30から20:00まで

代官山ツタヤの敷地内です。

公式サイト「代官山T-SITE

展示家具

会場内は撮影出来ないため、公式サイトの展示予定家具一覧をご参考下さい。

見てもらえばわかると思いますが、デザインはシンプルです。

画像だと細かい部分まで見れないのが残念ですが、隠す所は隠したり、あえて金具を見せていたり、プラスネジではなくマイナスを使用している点など、アンティーク好きな人が見れば「おっ!」と思うような作りこみで、人も置く場所も選ばない素敵な家具です。

実際に手で触ると木とは思えない滑らかさでした。撫でると引っかかる事も無く、滑りすぎる事も無いですし、それが一部分ではなくテーブル全体そうなんです。相当時間かけてる証です。

感想

冒頭でも書きましたが行ってよかったですホントに。

お話をして下さった店員さんがとても親切で、何より話に説得力あった!手もゴツイし、履いてるブーツも使い込まれていて外見も素敵でした。

あと関西弁に癒されました笑

ニコニコしてて関西弁で、しかも話し面白いしイケメンでずるいっす。

3月8日まで開催しているので、あまり時間はないですが、TRUCKは大阪の直営店でしか販売していないので、行ける人はこの機会に是非行くべし!

見て聞いて触って体験するのって大事だなと、改めて実感した1日でした。

ご一緒させて頂いたnorth6さんご夫妻と話せた事も良い刺激になりました。素敵なご夫婦なのでnorth6さんについては別記事で書けたらいいなぁと思ってます。

 

 

 

 

 

 

関連記事