セブで一泊してバコロドへ向かいます!

この記事は約2分11秒で読めます

だいぶ更新が滞ってしまってましたm(_ _)m

前回,セブに到着したところまでお伝えしましたが、今回はセブからバコロドへ向かいます!

フィリピンだとマニラやセブは観光地として有名ですが、バコロドと言われると「?」な人が多いとおもいます。フィリピンは島国で7107の島々からなる群島国家です。島の数はインドネシアについで世界第2位で名前がある島は約4600。街があり人が住む島はその内2000島程。約5000の島は無人島なんです。その為、アイランドホッピングというスキューバをしながら島を巡る観光ツアーが人気です。

ちなみに首都マニラがあるのはルソン島。フィリピンは大きくルソン、ビサヤ、ミンダナオの3地域に分けられます。

今回行った、バコロドばビサヤ諸島の中にあるネグロス島にある街です。

フィリピンのネグロス島

マップで見るとセブ島の左側にあるのがネグロス島です。

バコロドの行き方

セブ空港からバコロドへ行くにはネグロス島のシライ国際空港へ向かいます。

日本からバコロドへ直行便は出ていないため、必ずマニラかセブで乗り継ぎをする必要があるのですが、ネグロス島へ行くターミナルの待合スペースはフィリピン人か韓国人・日本人が多いです。

フィリピン人以外はきっと英会話留学の為にいるんだろうなと、だいたいの予想がつきます。

それ以外にバコロドへ行く理由なんてあんまりないですし。

セブ空港内はタバコも吸えるカフェがあったり、マッサージを受けれるスペースがあり比較的自由に過ごせます。

セブからバコロドへ

(いい意味で)いい加減な国なのでチケットに記載されている時間よりも早く搭乗開始する事があります。

飛行機の搭乗時間になると一斉に人が動き出すので、その流れに乗って登場してしまえば英語がわからなくてもなんとかなります。

なので、搭乗ターミナルの入り口に目を向けているとアナウンスがわからなくても大丈夫!

実際に搭乗時間が早まり飛行機が搭乗時間に発つという事がありました。そして到着予定時刻の20分までに現地に到着するという日本の常識では考えられないような事が普通にあります。

シライ国際空港に到着したらタクシーでバコロドへ向かいますが、このシライ国際空港とは名ばかりで中にお店などは全然ありません。唯一お土産屋さんがある程度です。

見どころと言えば飛行機から降りて、滑走路を歩いて空港へと向かうという田舎でしか味わえないローカルな雰囲気位しか思いつきません。

バコロドのシライ国際空港

滑走路を歩くことってなかなかないので結構楽しいです♪

歩きながら写真とっても誰も文句言わないですし、日本人と違い列など作って移動しないので、みんな自由に歩いてます。

シライ空港からタクシーでバコロドへ

空港を出ると確実にタクシーの運ちゃんから声を掛けられますので、いちいちタクシーを探す必要はありません。

ただぼったくられる確率が高いので値段交渉はきっちりした方がいいです。

シライ空港からバコロドまで500ペソと最初言われましたが、値切って300ペソにしてもらいました。

が、現地の人に聞いたら200ペソでもお釣りが来るよと言われたので、300ペソでもぼられていたようです笑

バコロドのホテルを探す

探すといっても目星は付けてありましたので、そのホテルへ直行しました。

以前、留学していた際に滞在していたホテルです。

思い出のつまったホテルで泊まれたらいいなと思っていましたが、観光シーズンではない為問題なく泊まれました。

続く

 

 

関連記事